読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法人化したアフィリエイターの日記

法人運営やサイトアフィリについて

アフィリエイターは昼飲み会をすべし!

日記

f:id:afiliceo:20160721102204j:plain

昨日は、久しぶりに昼から飲んでくれたアクセルです。

 

 

「昼から飲み会♪」という専用のチャットワークのグループがあるのですが、今、数えたら7回やってました。(数え間違えの可能性もあります)

 

ちなみにこのグループチャットが作られたのは、2013年12月でした。

 

なぜ昼飲み会なのか?

 

基本的に11時ぐらいに集合して、長くても4時ぐらいにお開きになります。

 

この時間帯であれば、子供が小学校に上がっていれば、夕ご飯に間に合う時間です。

 

 

もちろん、この流れで夜の飲み会に突入するの自由です。

 

 

自分はYペナ回避のため、夕ご飯までに間に合うように帰宅しています。

 

自分はYペナ回避のため、夕ご飯までに間に合うように帰宅しています。

 

 

大事な事なので2回書きました。

 

子供と妻(旦那)を愛する人にとって当たり前のことですけどね!

 

昼飲み会の場所は?

場所は、自分が新幹線でアクセスしやすい品川にさせてもらっています。

 

ただし、メンバーが遠方から来ない場合は、みんなが集まりやすい場所であれば特にどこでやっても構いません。

 

渋谷でも新宿でも横浜でも。

 

また、幹事はメンバーの誰がやってもかまいません。

 

 

もともとは、身内でやっていたのですが、この会で「初めまして」という人も増えてきました。

 

品川で昼から飲むことができて、しかも安くて時間制限なしの店は以外に少なく、あまり開拓できていません。

 

升屋 品川店 マスヤ - 品川/居酒屋 [食べログ] 

r.gnavi.co.jp

⇒席のみ予約OK。

15:00以降も飲み続けることはOK。

鉄板焼き?系  

席は半個室でランチのお客さんから冷たい目を浴びずに飲めます。

喫煙OK

 

他の店を知っている方がいましたら、ツイッターで教えてください。

 

参加したい方はチャットーワーク経由でお声掛けください。

 

 

よろしくお願いします。

 

 

アフィリサイトで何を書いたらいいかわからない人へ

日記

 f:id:afiliceo:20160629085231j:plain

・参入するジャンルを選んだ!

・アフィリしたい商品も決まった!

・キーワード選定が終わった!

 

でも何を書いたらいいのかわからない・・・orz

 

そういう人っていませんか?

 

なぜコンテンツが作れないのか?

 

それは、ターゲットとするユーザーが定まっていないからです。

 

・誰がどんなものが欲しい?その目的は何か?
・誰がどんな悩みを解決するのか?その方法は何か?

 

をできるかぎり具体的に考えてみましょう。

 


(例)自動車保険見積もり

自動車保険見積もりが成約するメインユーザー像を考えてみましょう。


自動車保険を検索すると

f:id:afiliceo:20160629083730j:plain

自動車保険 ランキング

自動車保険 比較

自動車保険 安い

自動車保険 1日

自動車保険 年齢

自動車保険 東京海上

自動車保険 キャンペーン

自動車保険等級

自動車保険 SBI

自動車保険 法人

 

すべてではないでしょうけど、いずれも複合キーワードは保険料を気にするようなものばかりです。

 

つまり、自動車保険見積もりをするユーザーは、保険料金を気にしなくてはならないターゲット層という仮説が生まれます。

 

万単位で保険料がかわるならまだしも富裕層は、自動車保険を数千円単位で気にしない気がします。(あくまで仮説です。)

 


「車種名+自動車保険見積もり」でサイトを作るとしたら

 

どちらの成約率が高かったり、アクセス数が多かったりするでしょうか?

 

A:ベンツ+自動車保険見積もり

f:id:afiliceo:20160629084515j:plain

B:プリウス+自動車保険見積もり

f:id:afiliceo:20160629084529j:plain

 

 

ベンツのユーザーとプリウスのユーザーはどちらが値段を気にしますか?

 

言い方が悪いですが、「どちらが富裕層ですか?」と言い換えることができると思います。

 

最近、自動車保険見積もりジャンルを始めたばかりで、仮説にすぎませんが、おそらくプリウスの方がベンツより成約率は、高いのではないかと思います。

 

また、ユーザー数は大衆車であるプリウスの方が多いと思いますので、アクセス数も多いでしょう。

 

他の切り口はないのかな?

 

・年代によって自動車保険見積もりをしたい理由が違うかも?
・男女によって自動車保険見積もりをしたい理由が違うかも?

などの仮説がたちます。

 

さらに家族構成、住んでいる場所、職業(給与)なども違いが生まれるかもしれません。

 

これらの仮説を確かめるためには、調査が必要です。

 

調査方法はサイト設計セミナーで教えた通りです。

 

外注化も可能です。

キーワード選定が終わったら、これらのユーザー像(ペルソナ)を明確していけば、記事はライターさんにお願いすることも容易でしょう。

 

いかに自分のサイトのコンセプトを明確にし、言語化し、ライターさんに正確に伝えることができるか?ということが組織化の第一歩だと思います。

 

この言語化するという訓練は、140文字の短文投稿サイトで鍛えることをお勧めします。

結果こそが本当の資産

日記

f:id:afiliceo:20160510160452j:plain

僕がアフィリエイトを始めたころは、自演リンクSEOと言われる手法の人がほとんどだった。

 

 

何か狙ったキーワードで上位表示をめざし、徹底的に自演リンク。

 

狙ったキーワードで上位表示を目指すので、よっぽど大きなキーワードでない限り、個別ページとかはクソ記事でOKwww

 

 

ライバルサイトより、少しでも良い披リンクをもらっている中古ドメインを手に入れる。

 

ライバルサイトより、1本でも多く自演リンクする。

 

 

それだけで、稼げた時代だった。

 

 

自演リンク戦争の終演は、検索エンジンのペナルティだった。

 

 

多すぎた自演リンクやアンカーが同じすぎるリンクは検索エンジンに見破られ、ペナルティを受けた。

 

ペナルティを受けたサイトは、とんでもない勢いで検索順位が下がる。

 

 

検索順位が下がったサイトのアクセスは、一気に1桁に。

 

場合によっては、アクセス0に。

 

 

アクセスが0になったサイトは、たとえインデックスされていても存在していないと同じ。

 

 

ここからSEOアフィリエイターが2つに分かれていったように思う。

 

 

1つの集団は、自演リンクに頼らない方法で集客を目指す。

 

具体的にはナチュラルリンクの獲得やコンテンツブラックによるCVRのアップなど。

 

 

もう1つの集団は、検索エンジンに嫌われないような自演リンクの研究。

 

アンカーをばらしてみたり、少ない自演リンクであげてみたり。

 

 

中にはペナルティを解除する人も現れる。

 

 

もちろん、両方やっている人もいるけど、僕を含めて50:50の人はまずいないだろう。

 

どちらかに偏っているはず。

 

 

そしてコンテンツのレベルはどちらの手法でも飛躍的に高くなってきている。

 

そこに差はない。

 

 

どちらの手法がいいか悪いかとか、どちらが稼げるとか言うつもりは全くない。

 

 

その上で、僕は後者の方を選んだ。

 

 

ルールが変わりやすい検索エンジンやアフィリエイトで、安定を求めることが後で自分の首を絞めることになるのではないかと思っているからだ。

 

もし仮にリンク関連のペナルティになることが、ほぼないという理由で自演リンクをしない事を選んでいるとしたらやっぱり危険だと思う。

 

 

特に、アフィリエイトを始めてまもない人は、すぐに結果が出るという事がとても大事だと思う。

 

結果というのは、プラスでもマイナスでもいい。

 

とにかくやったことに対して何らかの反応がでる事。

 

 

PDCAサイクルをいかに回すかがアフィリエイトで稼ぐコツだと思う。

 

 

僕は1つのサイトで一生稼ぐ気はない。

 

だからペナルティを覚悟で自演リンクをする。

 

 

結果こそが、本当に資産。

 

何年やってもうまく行かない人は、おそらく結果が積み上げられていない。

 

失敗した事も、次にやらなければいいという経験値になる。


ブレまくった振り子もいつかは収束する。


 

積みあがった報酬は一瞬で吹き飛ぶ。

 

そして、そのリカバリーも早い方がいいに決まっている。

 

 

今までの方法がダメになったら、また新しい方法を試すだけ。

自分の使いみちを知るという事。

魂の戦略塾

f:id:afiliceo:20160425090526j:plain

こんにちは!

 

7月1日に3人目が生まれる予定のアクセルです。

 

 

昨年から、アフィエイト以外のビジネスコンサルを受けています。

 

魂の戦略塾というものです。

 

 

アフィリエイト以外のビジネスコンサルとは言いながらも結局、アフィリエイトにも生きています。

 

アフィリエイトが好きと言っても、人それぞれ何が好きかは違うはずです。

 

・サイト運営が好きな人。

・イラストを描くのが好きな人。

・文章を書くのが好きな人。

・集客が好きな人。

・組織を大きくするのが好きな人。

・お金を稼ぎたい人。

 

人それぞれ違うわけです。

 

他にもあるかもしれません。

 

それぞれ考えてみてください。

 

 

まずは、自分の使いみちを知る

 

使いみちとは、言い方を変えれば「天命」ともいいます。

 

 

天命とは、自分のやりたいこと、好きな事というステージからもう1つ上のステージだと思います。

 

具体的には、どんな天命があるかというと「癒やす」「導く」「教える」「伝える」「聴く」「笑わせる」「歌う」「弾く」「描く」「踊る」などがあります。

 

これらは一例で、他にもたくさんの天命があります。

 

 

天命は誰もが生まれながらにして1つだけ保有しています。

 

そして天命の条件は、人との関わりが必要です。

 

自分だけで完結しません。

 

 

天命に気づくのはとても大変

 

魂の戦略塾を通して、天命を見つけてもらうというわけです。

 

 

生まれ育った環境、親子関係、出会いのタイミング、幼少体験、過去の挫折、悩んでいることそれらが全て天命を見つけるヒントになっています。

 

消したい過去さえ、実は天命を知るためには必要だったという事がわかります。

 

 

天命が見つかると、自分の使いみちがわかります。

 

自分の使いみちがわかるとそれ以外の事は、どうでも良いことに思えてきます。

 

そして、自分の使いみちを生かしたビジネスを考えるステージに進む事になります。

 

 

天命を知った人は、お金に関係なくどんどん天命を追求したくなります。

 

でも、結果、お金もついてきます。

 

不思議な話ですが。

 

 

追伸

 

天命の話とちょっとずれますが、何でも人に頼らず自分だけの力でやろうとする人がいますよね。

 

それが自立だったり、美徳とされています。

 

 

確かに、そういう面はあると思うのですが、この前、先生に言われたことではっとしたことがありました。

 

「人は誰かの役にたちたいと思って生まれてきている。だから、自分で解決できない事は人に頼っていいんだよ」

 

 

そういえば、この前、参観日に行ったときに、うちの長男が3人のクラスの女の子に帰りの支度を手伝ってもらっていました。

 

親としては、情けない気持ちでいっぱいでした。

 

 

でも、その3人の女の子は嫌な顔ひとつせずに、むしろうれしそうでした。

 

マイペースなうちの長男も「誰かの役に立ちたい」という3人の女子の欲求を満たすために良かったのかなって少しだけ思いました。

作業会2デイズについて

勉強会

f:id:afiliceo:20160404151326j:plain

 

Yが妊娠中で隠居生活中のアクセルです。

 

ちょっと時間が経ってしまいましたが、作業2デイズを振り返ってみたいと思います。

 

僕はいろいろな偶然が重なった奇妙な縁に驚いています。

 

特に大きなトラブルもなく、やってよかったなあという気持ちでいっぱいです。

 

また、一緒に管理人をしてくれた静岡メンバーには感謝しかありません。

 

本当にありがとうございました。

 

作業会に参加した方のツイートをいくつか掲載しておきます。

作業会2デイズを企画した理由

日記

いよいよ作業会2デイズは、今週末になりました。

料金は無料です。

 

三島勉強会とは違い、参加資格はありません。

どなたでもコワーキングスペースのように利用できます。

 

ノートパソコンを持参のうえ、いつもの作業を行ってください。

会場にWIFI環境(利用無料)はあるのですが、あまり電波が強くないので、ご自身でネット環境は整えていただくと安心です。

 

ブロガーさんもお待ちしております。

 

18日(金)、19日(土)の9:00~21:00の間でしたら自由に参加、退出できます。

もちろん、途中抜けて、三島観光をするも自由です。

詳しくはこちらをごらんください。

axcel.hatenadiary.jp

 

僕がこの企画のヒントになったのは、残念ながら参加できなかったアフィロックのボッチバーです。

ボッチバーには、個人的にめちゃくちゃリスペクトしています。

ただ、中にはボッチバーという素晴らしい企画があったにも関わらず、さびしい思いをしたというツイートもありました。

 

同業者とは言っても見ず知らずの人が、その場で突然仲良くなるのは難しいと思うので、まずは作業の傍らツイッターで会場にいる人と絡んでください。

やっぱり敷居が高いと感じたら、目の前にいる人とツイッター経由で会話して終わっても全く問題ありません。

それ以上の関係を強制するつもりは全くありませんので、お気軽に参加ください。

 

ぼっち卒業のちょっとしたきっかけになれば幸いです。

もし、お時間があれば三島大社の売り上げアップ祈願、桜屋の鰻、懇親会もゲリラ的に行う予定です。

チーム静岡のメンバーが会場でお待ちしております。

僕がサイト公開した理由

日記

f:id:afiliceo:20160224160635j:plain

 

ここ数年、お金や時間がかかって素晴らしいアフィリサイトが次々と公開されています。

 

この方たちをディスるつもりは全くないのですが、自分の中で何か違和感をずっと感じていました。

 

でも、それがなんなのかは自分がサイト公開しないとわからないのではないかと思ってもいました。

 

 

アフィリエイターとして付き合いの長いsouさんがドメイン取得段階からサイト公開したことも手伝って、今回、サイト公開に踏み切りました。

 

カジュアルなサイト公開ですw

 

 記事を書くのが好きな人がうらやましい

「暇があったら記事を書け!」という言葉が常識になりつつあるアフィリエイト業界ですが、僕はここ数年もの間、自分でサイトの記事を書くこともしていないダメなアフィリエイターです。

 

記事を書くのが大好きと言っているアフィリエイターさんが、とてもうらやましいです。

 

僕も記事を書くのが好きだったらもっと違う人生だったと思う今日この頃です。

 

メインジャンルですら、Yか外注ライターさんが書いています。

 

Yが記事を書くのが好きな人で本当に良かった!

 

それでも僕はアフィリエイトが好き

ただ、一方で、多くの人が面倒だと思うようなことが僕は好きです。

 

例えば、1日中、サイトのアクセス解析をずっと見て成約率が高いキーワードを探したり、1人のユーザーの注目してサイトの回遊を追ったりすることです。

 

リアルの店舗と違って、お客の表情はわからないけど、キーワードによって心の声が見えるんですよね。

 

僕は、売り上げアップのためのサイト修正は大好きです。


そのためにサイトのどこで長く滞在し、どこで離脱するのかを把握する事がとても大切になっています。

 

僕はロングテール集客をメインにしていないので、アクセスが多いページのみ修正します。

 

アクセスがないページで品質が低いと思われるページを修正する事はほとんどありません。

 

修正したらアクセスが来るようになるかもしれませんが。


その時間があるなら新しいサイトをリリースして、狙ったワードで上位を取りに行く方を選びます。

 

公開したサイトはシリウスのペラサイト

たった1ページしかないサイトを僕は公開サイトにあえて選びました。

xn--eckvdwa9413ckjyb.com

 

これを見ると僕がペラサイトの量産をしている!と思うかもしれませんが、実際は数サイトしかありません。

 

過去にはペラサイトの量産をしていたこともありますが、今ではほとんどありません。

 

 

その理由はペラサイトがリスクヘッジにならないからです。

 

かつて、知人のアフィリエイターがペラサイトの量産をしていて、100サイト以上が同時に検索エンジンにペナルティを受けたことがあります。

 

100サイト作ろうが数サイトに力を入れようがリスクは変わりはないなら、数サイトの運営をしようと思いました。

 

キーワードでユーザーの熱量をはかる

狙ったキーワードで上位表示を狙うスタイルの僕の戦略だと、成約率の低いキーワードはサイト設計の段階では無視します。

 

サイト運営が軌道に乗って、更新を外注化できるようになったらそれらのワードは考える程度で十分かなあと思います。

 

僕の中でユーザーの熱量が高いキーワード=成約率が高いキーワードだと定義しています。

 

アフィリエイトはアドセンスと違い、成約しないとお金にならないので、この考え方は絶対にはずせません。

 

 

例えば熱量が高いキーワードですぐに思いつくのが商標キーワードです。

 

商標キーワードは成約率が高く、そのキーワードで上位表示すればコンテンツがクソでも1円も稼げない事はありません。

 

広告主が提携解除をちらつかせて、商標キーワードの出稿を禁止しても、深夜に地域を絞ってスポンサード広告を出す悪質なアフィリエイターがいるのは、そういう理由です。

 

禁止されている商標キーワードのリスティングはダメ絶対。

 

ページトップである程度はアフィリリンクを踏ませたい

これも熱量があるキーワード限定の話になるかと思うのですが、とにかくテキストコンテンツンツを読まさず、とりあえずアフィリリンクというのも重要です。

 

キーワードによっては、コンテンツを読ませてからアフィリリンクの方が良い場合もあるから面白いですね、アフィリエイトは。

 

また、熱量があるキーワードであっても、コンテンツを見てからアフィリリンクを踏みたい人もいるのでページ下部ではランキングコンテンツを用意するとよいでしょう。

 

実は、キーワードは違いますが、このページトップは以前リスティング(スポンサードサーチ)アフィリをしていたときに反応がよいものをそのまま持ってきました。

 

ちなみにスポンサードサーチでこういう簡単なABテストをするのも僕がアフィリエイトの好きな部分の1つです。

 

アフィリリンクをちょっと工夫する

アフィリエイトをやっている人なら気づくのですが、誘導先が同じであっても誘導のためのテキストリンクやボタンを変えるとアフィリリンクのクリック率はあがります。

 

キーワードである程度のユーザーの層を絞っているとは言っても、いろいろなユーザーがいますから、どこかでアフィリリンクをクリックしてもらって公式サイトに飛んでもらうという事も大事な事だと思っています。

 

熱量が高いユーザーならなおさらです。

 

アドセンスと違って、クリックされるだけではお金にならないアフィリサイトでは、余計にクリックされることが大事です。

 

そんな単純な話ではないのかもしれませんが、アフィリリンクのクリック数があがれば、アフィリエイトでは基本的に成約数というものは増えます。

 

ランキングで成約率をあげる方法

ランキングが最後の訴求となっている場合、スマホの普及がデメリットになる場合があります。

 

パソコンから見ると1位~3位ぐらいまで見渡せるのに、スマホだと1位しか見えない事ってありませんか?

 

ランキングとは言ってもユーザーは多少は比較したいと思うのに、これでは比較できません。

 

 

あまりランキングのコンテンツに凝ると逆効果かもしれないと僕は思っています。

 

商品に差がない場合は特に。

 

 

あと、1位、2位、3位・・・5位とランキングのコンテンツを見ていくと5位を見るころには1位がなんだったっけ?という人もいるかと思います。

 

そういう人は1位を確認するためにページを上に戻す必要があります。

 

これって結構なストレスだったりするんです。

 

だから僕は、5位の後にもう一度イチオシだった広告を紹介しています。

 

成約率を高めるというのは、コンテンツの修正だけでなく、サイトに来たユーザーの気持ちになってストレスを減らしてスムーズにアフィリリンクを踏んでもらう事でもあると思うのです。

 

ライティングは茂野式

このサイトは自分が中古ドメイン取得ツールのラビエルの開発者としても知られる茂野さんに添削を受けて修正したものです。

 

内容については細かく明かす事ができませんが、ユーザーの反応をとるためのライティングというものです。

 

詳しくはこちらの記事をお読みください。

axcel.hatenadiary.jp

 

元々は、茂野さんにゲスト講師として勉強会をしていたのですが、僕は過去に3回ほど勉強会に参加して自分が講師になりたいと密かに思ってました。

 

茂野さんに相談すると快くOKしていただきました。

 

その1回目が大阪ナイトの0次会でした。

 

 

そして、2回目は株式会社アクシスで行う予定でしたが、家庭の事情のより延期になってしまいました。(もちろん、いつか必ずやります。)

 

僕は平岡君に恩返しできるし、自分自身とても楽しみにしていたのでずっともやもやしていました。

 

 

やっぱり茂野式ライティングセミナーをやりたい!

 

 

そんなこんなで近いうちに講師をまたやることにしました。

 

クローズドですが。

 

 

今回も茂野さんに許可を取ったところOKの返事をもらっています。

 

心より感謝いたします。

 

 

僕は人に教えられるレベルになって初めて自分のもになると思っています。

 

だから講師をさせていただくというスタンスです。

 

最後に

サイトの収益の方が気になっている方がいるかと思いますが、現在、自演リンクが0ですので、順位変動が激しく月に1件~5件発生しているという状況です。

 

ただし、承認率は良くないので、お勧めできない訴求だと思いますw

 


僕は、WEBデザインもHTMLも独学で詳しくありませんが、アフィリエイトならなんとかなります。

 

個人的には、アフィリサイトは高速道路の料金所でいいと思っています。

 

綺麗なデザインはプロがマーケティングをして徹底的にABテストを繰り返した広告主のLPに任せるというスタンスでいいのではないかと思っています。

 

 

 

僕は今でも特にアフィリサイトの愛着はなく、 自分の作りたいサイトがあるわけではありません。

 

あくまでビジネスとしてアフィリエイトをとらえているからこのようなサイト公開にしました。

 

もし、お金と時間がかかっているサイトを見て、アフィリエイトをあきらめようとしている人がいたら僕のサイトを思い出してくれたらうれしいです。