読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法人化したアフィリエイターの日記

法人運営やサイトアフィリについて。ツイッターもやっています。

アフィリサイトで何を書いたらいいかわからない人へ

 f:id:afiliceo:20160629085231j:plain

・参入するジャンルを選んだ!

・アフィリしたい商品も決まった!

・キーワード選定が終わった!

 

でも何を書いたらいいのかわからない・・・orz

 

そういう人っていませんか?

 

なぜコンテンツが作れないのか?

 

それは、ターゲットとするユーザーが定まっていないからです。

 

・誰がどんなものが欲しい?その目的は何か?
・誰がどんな悩みを解決するのか?その方法は何か?

 

をできるかぎり具体的に考えてみましょう。

 


(例)自動車保険見積もり

自動車保険見積もりが成約するメインユーザー像を考えてみましょう。


自動車保険を検索すると

f:id:afiliceo:20160629083730j:plain

自動車保険 ランキング

自動車保険 比較

自動車保険 安い

自動車保険 1日

自動車保険 年齢

自動車保険 東京海上

自動車保険 キャンペーン

自動車保険等級

自動車保険 SBI

自動車保険 法人

 

すべてではないでしょうけど、いずれも複合キーワードは保険料を気にするようなものばかりです。

 

つまり、自動車保険見積もりをするユーザーは、保険料金を気にしなくてはならないターゲット層という仮説が生まれます。

 

万単位で保険料がかわるならまだしも富裕層は、自動車保険を数千円単位で気にしない気がします。(あくまで仮説です。)

 


「車種名+自動車保険見積もり」でサイトを作るとしたら

 

どちらの成約率が高かったり、アクセス数が多かったりするでしょうか?

 

A:ベンツ+自動車保険見積もり

f:id:afiliceo:20160629084515j:plain

B:プリウス+自動車保険見積もり

f:id:afiliceo:20160629084529j:plain

 

 

ベンツのユーザーとプリウスのユーザーはどちらが値段を気にしますか?

 

言い方が悪いですが、「どちらが富裕層ですか?」と言い換えることができると思います。

 

最近、自動車保険見積もりジャンルを始めたばかりで、仮説にすぎませんが、おそらくプリウスの方がベンツより成約率は、高いのではないかと思います。

 

また、ユーザー数は大衆車であるプリウスの方が多いと思いますので、アクセス数も多いでしょう。

 

他の切り口はないのかな?

 

・年代によって自動車保険見積もりをしたい理由が違うかも?
・男女によって自動車保険見積もりをしたい理由が違うかも?

などの仮説がたちます。

 

さらに家族構成、住んでいる場所、職業(給与)なども違いが生まれるかもしれません。

 

これらの仮説を確かめるためには、調査が必要です。

 

調査方法はサイト設計セミナーで教えた通りです。

 

外注化も可能です。

キーワード選定が終わったら、これらのユーザー像(ペルソナ)を明確していけば、記事はライターさんにお願いすることも容易でしょう。

 

いかに自分のサイトのコンセプトを明確にし、言語化し、ライターさんに正確に伝えることができるか?ということが組織化の第一歩だと思います。

 

この言語化するという訓練は、140文字の短文投稿サイトで鍛えることをお勧めします。