読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法人化したアフィリエイターの日記

法人運営やサイトアフィリについて。ツイッターもやっています。

サイト運営者はリタゲをやるべき

f:id:afiliceo:20150512154958j:plain

激戦ジャンルのスポンサードサーチはオワコン

SEOでサイト集客をしている人の中には、リスティング集客を全くやらない人が多くいます。

確かに中途半端にリスティングに取り組むよりは、やらない方がいいという意見には自分も賛成です。

 

特に高単価の激戦ジャンルでは、スポンサードサーチ(SS)に関してどうやっても黒字化できないぐらいクリック単価が高騰しています。

感覚的には月1000万円の広告費で月1100万円とか1200万円の売上です。

 

はっきり言ってこの規模になると常にいろいろなことを修正していく必要があります。

キーワードの追加、除外キーワードの設定、広告文のABテスト、LPのABテスト、単価調整。

放置で稼ぐというのは程遠い状況です。

たとえお金はかからなくても、報酬を得るための管理コストの削減というものは、常に考えたいものです。

 

YDN(ディスプレイ広告)とは?

SSが激戦ジャンルでは、オワコンなので、YDNを始めた人は多いと思います。

自分もそんな感じで少しずつ勉強してきました。

クリック単価も安く、少ない資金で始められるのも魅力です。

 

YDNにはいくつか種類がありますが、自分は2つの機能しか使っていません。

サーチターゲティングとサイトリターゲティング(通称リタゲ)だけです。

 

サーチターゲティングとは検索エンジンで、過去に検索したキーワードを指定し、その人のみに広告を出すことができます。

キーワードの候補はリスティングの管理画面で選択できるのでキーワードチェックにも使えます。

 

リタゲとは、自分のサイトにクッキーを埋め込み、そのクッキーを踏んだ人のみに広告を出すことができます。

自分のサイトに来た人のみに広告を出すので、比較的少ない金額で運用が可能です。

時間がない方は、サーチターゲティングもやめて、リタゲだけでも十分だと思います。

 

サイトリターゲティングでできること

540日追いかけられる

リタゲのクッキーは540日間有効です。

およそ、1年半後までアプローチが可能です。

例えば、今年おせちを買った人は、おそらく来年も買う事になるでしょう。

それを見越しておせちの購入シーズンの少し前から広告を出して、売り上げに結び付けることも可能でしょう。

組み合わせていけば、訪問後何日~何日はこのLPを見せるなんてこともできます。

(クッキーを踏んだ数=デフォルトのリーチ数です。)

f:id:afiliceo:20150222033746j:plain

男女別に広告を出すことができる

また、ヤフーのデーターベースから男女を区別して広告を出すことができます。

例えば美容系のサイトを運営しているとしましょう。

アフィリサイトの場合は、ユーザー以外にもライバルであるアフィリエイターがサイトを見に来ます(たぶん)

アフィリエイターは男である確率が高いので、女性だけに広告を出すことで、おっさんアフィリエイターには広告を真似したくても見る事すらできません。

同時に広告費を抑える事にもつながります。

f:id:afiliceo:20150222034124j:plain

年齢別に広告を出すことができる

年齢も区切って広告を配信することができます。

例えば、総合的なファッションサイトだった場合は、年齢によって売れる商品がかわってくるので、年齢に応じて適切な広告を配信すれば無駄なく、売り上げをアップさせることができそうです。

f:id:afiliceo:20150222034301j:plain

地域別に広告を出すことができる

地域は、県別はもちろん市町村別に設定できます。

例えば、ウォーターサーバーのサイトだった場合、田舎はあまり需要がないだろうと都会だけに絞って広告を出すことができます。

f:id:afiliceo:20150222034549j:plain

その他の設定

・デバイスの設定(PC、スマホ、タブレットなど)

・プレイスメントターゲット(広告を出す媒体の指定、除外)

・曜日・時間帯

・フリークエンシーキャップ(1人当たりの広告を見せる回数)

 

ジャンル特化サイトと無属性の大量アクセスサイトの違い

ジャンル特化サイト

ジャンル特化のいわゆるアフィリサイトの場合は、そのジャンルに興味がある人が集まってきますので、リタゲをする場合も同じジャンルの広告を配信すればいいと思います。

レター型のサイトやランキングサイト、1つ推しのシンプルなサイトなどいろいろ試してみると良いでしょう。

今日は買うまでに至らなかったけど、3日後や1週間後にやっぱり買いたい!って人もいるはずです。

そういう人にアプローチできるリタゲは売り上げアップにつながるでしょう。

 

無属性の大量アクセスサイト

自分の中ではアドセンスで大きく稼ぐサイトだと勝手に定義しました。

例えば、ニュースサイトなどでアドセンスで稼いでいるサイトです。

ニュースに興味がある人なので、大量にアクセスは集まるけど、特に売るものはなく、アドセンスで稼ぐしかないという感じだと思います。

 

ただ、この中にもお宝ユーザーはいるはずです。

 

そのニュースサイトの集まってくる人が、30代の男性が多かったらどうでしょうか?

マイホームやマンション購入を検討している人と想定して、先ほどの性別、年齢、地域などを絞って配信して無駄を省き、30代の男性に住宅ローンの見積もりサイトの広告を見せることができます。

 

20代の女性が多かったら、ダイエット商品や脱毛エステの広告を見せてもいいかもしれませんね。

 

ブロガーさんはリタゲでアフィリしてみては?

ブロガーさんは、自分が逆立ちしても無理な素晴らしい文章力でファンを魅了しています。

有名のブロガーさんのPVを聞くと自分のサイトのPVの1年分を数週間で達成してしまうとのことです。

基本は、新規ユーザーしか集まらない アフィリサイトと違いリピーターも多いでしょう。

 

最近は高知の方で、アフィリエイトで成果を上げているブロガーさんもいますが、ほとんどのブロガーさんはマネタイズ的にはアドセンスが多く、あまり収入を伸ばせないようです。

お金のためにブロガーをやっているんじゃない!という声が聞こえてきそうですが。。。

そういう方は、今すぐページを閉じてください。

 

また、ファンが増えるといろいろと実験的なことはできないのでしょう。

売込み色が強いクロージングが強い記事を嫌がるファンもいるでしょう。

ブランドが傷つくようなことはファン離れにつながりますからね。

熱心なファンほど、そういうことに敏感だったりしますし。。。

 

でもリタゲなら大丈夫。(たぶん)

自分のサイトに来た大量のアクセスをお金に変えられます。

しかもブログの読者に自分と気づかれることなく。

 

リタゲで、別のサイト(ドメイン)で広告を配信すれば、FX口座開設アフィリも、住宅ローンの見積もりも、ひげ脱毛も訴求し放題です。

別人格になってガンガンアフィリエイトしてみてはいかがでしょうか?